Design,Typography,Sunday Programming.

ものと知識

20131021.jpg

なんとか物を増やさないように心がけてます。
一時期雑誌やら漫画、小説などが部屋のところ狭しと置かれていてひどい状態でした。何がめんどくさいかと言うと掃除するのがとてつもなくめんどくさかったのです。
というわけで高値で買い取ってくれそうな古本屋に運んで買い取ってもらうことにしました。一日かけて4回くらい往復してきれいサッパリ売り飛ばしました。
デザイン本などもひたすら買ってたのですが金銭的に余裕も無いし、買って一回読めばあとは読まない事が多いので割り切って売りました。
んで掃除なんですが、驚くほど短時間で終えることができるようになりました。前は本を移動してを繰り返してたのですが、それをしなくなったので大分楽になりました。
本は持っていると満足感があって気持ちいいのですが、新しい物と古い物のサイクルを作らないとただひたすら集めるだけだな〜と感じてあんまり良くないのではとも思いました。
靴とかもハイテクスニーカーとローテクスニーカーの二足くらいあれば日常足りるくらいまでそぎ落としていきたいなと思ってます。いや、予備も入れて4足くらいでいいか。
でも本当に雑誌とか本をバカみたいに集めてた時からすると全く買わなくなったし、全体的に出費が少なくなりました。
買わなくなった変わりに今ある物を改めたりしてます。というのも今部屋にあるのは結構厳選された物が多いので、改めて読み返してみると「こんな事書いてあったっけ?」とか「ここに付箋してあるけどなんでだ?」とか以前とは違った発見があったりして面白いです。
そういえば勉強ってこんな感じだよなぁと受験生時代のあの感じをふと思い出してきました。それは決して嫌な感じではなく脳みそが柔軟になってるあの感じです。
新しいのをどんどん取り入れるのではなくじっくり取り組むことの方が得られる物があるだろうし、そのサイクルをまた変えていけば新たな知識も得られるだろうなと感じてます。