Design,Typography,Sunday Programming.

漱石の思い出

20121014.jpg

予の周囲のものことごとく皆狂人なり。それがため予もまた狂人のまねをせざるべからず。ゆえに周囲の狂人の全快をまって、予も佯狂をやめるもおそからず。さすが漱石先生狂ってイルね。この本は鏡子夫人が編集者に話をしてそれをエディットしたのをまとめたものになります。というわけで、完全に信じていいのかと言われるとどうかな?という感じもあります。なぜなら、思い出して記録してそこからさらに思い出して記録しているため信憑性が揺らぐ可能性があるかな〜と思いました。
でも、最後に息子さんが思い出を語っている部分があり、それは一致しているので確かな部分もあるんだなと思います。漱石の家族に対しての態度というのはこの本が一番詳しく書いてあるかと思います。結構ブちぎれていたのは間違いなさそうです。漱石を知る要素としてマストな本だと思います。