Design,Typography,Sunday Programming.

限りなく透明に近いブルー

20120513.jpg

衝動的に読みたくなりブックオフで購入しました。段ボールの中にたぶんあるのでしょうが探すのが大変なのでパスしました。しかし、買ったこの装丁は僕が大学時代に買った装丁ではなく映画記念版の装丁であったのです。もうけましたね。
村上龍さんの作品は大学時代にいくつか読んだのですがやはり記憶に残っているのは『限りなく透明に近いブルー』ですかね。リリーさんの大好きなサーチアンドデストロイを地でいくようなこの小説は当時読んだとき衝撃を受けました。しかし、二回目を読んでみてこんなにどろっとした文章だっけとか当時と違った印象が感じられて面白いです。
てか、これ映画に出来るのか。。すげー。