Design,Typography,Sunday Programming.

宇宙創成

20120325.jpg

サイモン・シンの第三弾『宇宙創成』です。これが面白いんだけど、文系の僕にはとてつもなく難しい内容です。コペルニクス、すごい!ハッブル、偉大!アインシュタイン、天才!ってくらいが分かるぐらいです。。他にも色々な宇宙の謎を解明する偉大な人物が出てきて、いかに凄いかという内容が比較的わかりやすく説明されています。前の2作品もそうなんですけど、とにかく興味をどんどん引き込んでいく作りは読者としては一気に持ってかれて飽きさせない作りはさすがだなと思いました。
この本ではビック・バンまでのことしか書かれていないのですが、そのビック・バンが定常宇宙説にとって変わるのはつい20年くらい前の出来事というのも、宇宙がいかに複雑で謎に満ちているかと言うのがよくわかります。
冬の寒い夜の下ランニングをしていて、ふと空を見上げるとオリオン座が綺麗に見えると嬉しくなりますね。宇宙は面白い!