Design,Typography,Sunday Programming.

ブラックジャック

20120311.jpg

小学生のとき父親に誕生日にプレゼントされたのは文庫版の『ブラックジャック』だった。それがあまりに衝撃的で、お金が貯まるごとにこつこつと集めていった。学校の図書館に手塚先生の作品はいくつかあったけれど、当時一番影響を受けたのは『ブラックジャック』だった。(のちに『火の鳥』を読んで影響も受けた)
文庫版も集め終ったと思った時に単行本版もある事を知った。その時は文庫版でもっているからいいやと思ったけれど、装丁が違うし、もしかして収録されてない作品があるのでは?と思い出した。ちょうどいい事に兄が単行本版を持っていたので借りる事にした。
読んでみるとおそらく収録されていない作品がちらほら見つかった。やはりこっちも読んでおいてよかった。まだ5巻までしか読んでいないがこの先が楽しみだ。