Design,Typography,Sunday Programming.

異見あり

20111225.jpg

養老孟司先生の本を久々に読みました。父の本棚をふと見ていたら気になったので借りて読む事にしました。正直10年以上も前の本で、当時の時事を扱った内容の本なのでどうだろうと思ったのですが考え方と言う点に置いては不変であるなと感じました。個人的に『気づく』という概念がいまひとつしっくりとこなかったのですが、そうではなく『変化がわかる』と言う感覚が喜びであると言う下りはなるほどな〜と思いました。