Design,Typography,Sunday Programming.

それから

20110911.jpg

後期三部作の真ん中にあたる『それから』である。『三四郎』のそれからと捉えるのが妥当なんだと思うんですが、いかんせんラストが破滅的過ぎます。これまた虚無感に襲われる作品です。このころの価値観を知るのも面白いんですが、漱石が『三四郎』の時よりも若干文体を変えて全体に漂う緊張感を生んでいるのも面白いです。
漱石に関しては色々語りたいことがあるのでぽつぽつ書くんじゃなくて一気にどかっと書きたいですね。