Week 8

20140223.jpg

久々に『ドラえもん』を買いました。いつも買おう買おうと思って買っていなかったんですが、ふと買ってみました。
途中まで集めていたんですが、なぜかやめてしまっていたので隙があれば集めていこうと思います。
『ドラえもん』は簡単に手に入る小学館のコミックと今は売っていないF.Fランドの2種類があると思います。F.Fランドをこないだ買ったのでそれで集めるきっかけになったのかもしれないです。
んで読んでみるとあいかわらず面白い。しかし、めちゃくちゃゆっくり読んでます。一話終わると別のことをして一話終わるとkindleで英語版の『坊ちゃん』とか読んだりしてます。集中力がなさ過ぎるのでは?と思ったかもしれませんが、違います。読むのがもったいなくて読み進めることができないのです。
『ドラえもん』はかなりのミニマルなマンガだと思います。とにかく線が少ないけど情報量は多い。今のマンガだと超リアル主義が結構流行ってるぽくて精密な背景とか表情とかが描かれてますよね。
マンガは記号論とか言われたりしますが、『ドラえもん』の記号化というかアイコン化はすごいですね。マンガはガンガン進化していくんですが、藤子不二雄さんが作ったのは枝の分岐点的な作品だと思います。しかし、藤子不二雄さんを越える記号化の作品は見当たらないような気もします。
あと意外と勉強にもなったりしますよね。24巻を買ったんですけどドラえもんがあゆの友釣りの話をしていてあゆは自分の縄張りに侵入してきたあゆを追い払おうとして針にかかるって書いてあってすごい勉強になるっていうかレベル高くないですか?
しかもそれをストーリーに落とし込んでいく時ってそうとアドレナリンでてますよね。物語の核となることを思いついて描いていくときって「アイデアきたー!!アドレナリン爆発!!」って感じですかね。
ドラえもん本当にかわいいし最高です。
塩ラーメン食べたい。

Week 7

20140216.jpg

英語で夏目漱石先生の『坊ちゃん』読んでるんですけど難しい。とにかく単語が難し過ぎてkindleでタッチしながら単語調べてます。辞書をいちいち引かなくていいので楽で良いですね。大学受験のときの絶頂期でもこのレベルの英語読むの難しいかもしれないです。というわけで全然リハビリにならないハードコアな勉強ですが、たまには英語に触れないと細胞が死んでいきそうです。
去年あたりに『それから』を英語で読んでたんですが、それも相当難しかったです。どちらも言えるのは一度日本語で読んでいるので、内容を大体覚えており、なんとか理解出来ますね。単語も難しいけど文法もけっこう難しくてにんともかんともいきませんね。。
なぜこんなに英語をやっているかと言うと、前にも言ったんですが英語圏内から情報を得たいというのと、ここ最近観ているNBAなどのアメリカのスポーツの情報とか英語で得られたらいいじゃなーいと思ってます。
というか来るべき日、つまりNBAとMLBを現地で観戦すると言う野望を果たすべく勉強してたりします。読めればなんとかなるでしょうと言う楽観的なんですが、大学の授業で結構講師の先生と話せたのでたぶんいけると思います。
といってもこの野望を果たすためには条件が存在します。とりあえず僕はニューヨークとかよりLAに行ってみたいのでレイカーズとドジャーズの試合を観ることとします。NBAとMLBを両方観るためにはレイカーズがなんとかしてプレーオフに進出してくれないと観れません。というわけで今シーズンは難しいです。(コービー怪我を完治して復活してくれ!)
となると必然的に4月あたりということになりNBAはたぶんプレーオフでMLBは開幕してすぐあたりということになります。この時期を狙ってアメリカ行ってみたいなぁと妄想してます。はぁ〜行きたい。というわけで勉強しなきゃ。
お好み焼き食べたい。

グラビア安心 グラビアン

gravurean.jpg

装丁.comは何が大変かと言うと更新するのが大変です。画像を用意してデータを登録してと、分かっていたんですがこれが大変。
というわけで今回はほとんどPHPで勝手に動いてくれるように作成しました。グラビア安心 グラビアンです。昔からグラビアはイラスト描く時の参考にしようと集めてたのですが、グラビア自体集めるのが習慣になりつつ、誰が表紙だろう?とか思い、画像を収集させるプログラムを書いてみました。
スクレイピングしてるのでかなりグレーというかアウト?な感じですが、怒られたら削除しましょう。

作り方は各サイトから画像を抽出する。(スクレイピング)
画像をディレクトリに保存する。
ついでにMySQLに画像とタイトルなどを保存しておく。
MySQLを出力する。
cronで一週間に一回巡回させる。

という感じです。なかなか順調に育ってます。ちなみにグラビアン魂というのをあるのを忘れてて名前がおもいっきりかぶってますが、やってしまいましたね。。

Week 6

20140209.jpg

最近kindleで角川の本がセールをしていたのでまとめて何冊か買って読んでました。『リング』のシリーズが安かったので購入。この本はジェットコースター系で読み始めると一気に読めちゃって爽快感がいいですね。しかし、『リング』の描写の不気味なこと。。呪いのビデオ怖過ぎ!トラウマになりそう。映画は怖くて所々しか見てないんだけど、なんとなく覚えていてその映像が読んでる文章とシンクロしてきて怖かった。
『リング』『らせん』『ループ』『バースデイ』まで読むと貞子可愛いじゃんとすら思えてきますね。てか、もはや最後の方はSFになっていくので最初のホラー感全くなくて怖くないです。
以前誰かから「『リング』のシリーズ本で読むと面白いよ。」と言われてずっと気になっていたんですが、読んでみて良かったですね。
あと谷川俊太郎さんの本も読んでたんですけど、「あぁこういう文章いいなぁ」としみじみ感じて読んでました。詩というと取っ付きにくい感じがするんですが、ちょっとしたところに詩とかあると印象が違うし、詩について興味がわいてきました。
昔詩人の黒田三郎さんという方の詩がすごく染みていろいろと読んでみたりしてました。そういえば古本屋で70年代くらいの詩人の人の本とかちょっと前に買ったんですが、積んだままになってるので読んでみたくなりました。
言葉の威力って結構巨大だと思うし、それが文章でも詩でもキャッチコピーでもどかんとくるやつは本当にすごいです。谷川さんは本の中で昔の言葉や使われなくなった言葉を詩で甦らせるということを言っていたのですが、それは本当に詩という言葉を扱う武器だなぁと思いました。言葉は日々うまれる一方で使われなくなっていく表現などもあるし、それをあやつるというのはシブい。。
言葉をあやつる人は憧れるなぁ。
水炊き食べたい。

Week 5

20140202.jpg

阿久悠さんの歌詞の分析の本を読んでいたら東京というのが妙に印象に残って、ふと東京について回想してみました。

大阪、福岡に住んでいた時は福島の田舎に帰るとき羽田空港に行ったのを良く覚えています。福島に行く通過点だったので特にどこかに寄ったりということはほとんどなかったと思います。東京に行って新幹線に乗り換えて向かったと思います。
川崎、横浜に住んでからは東京は多摩川をはさんですぐと言う距離にも関わらずほとんど出かけたことは無いような気がします。たまに家族で浅草の方に行ったりした気がします。
自分で遊びにいくようになったのは大学生になった頃でしょうか。
渋谷にライブ観に行ったりCD買いに行ったりちょこちょこ行くようになった気がします。わりと都市部をてんてんとしていたせいか人の多さとかには驚かなかったです。
といっても東京の買い物は疲れますね。CD買いに行くにしても玄人っぽい人がいてなんだか落ち着かないし、服とか買いに行っても店員のおしゃれ具合に気後れするしまったくもって東京に縁がないですね。。
受験して大学が郊外というか田舎だったのでつくづく東京の都市部には縁がないなぁと思いました。
予備校の講師が「大学行くなら都市部にしろ!八王子じゃ後の人生変わるぞ!」と熱弁していたのですが、その予言が的中したのかど田舎に行った僕はバカみたいにダラダラした生活してましたね。いやそれは言い訳かなぁ。
東京で印象深いのは上野でしょうか。昔父親と埼玉のいとこの家にいく前に上野公園に寄ったのですが、その時の記憶が結構残っていて、あそこはいつ行っても変わらない感じが東京っぽくもあるし東京っぽくない感じもします。
たぶん地方からきた人は東京に夢とか持ってきてるんでしょうけど、なんとなく流れできてしまった僕は東京と微妙な関係を築くことになったのではないでしょうか。
きつねうどん食べたい。