月末

20121028.jpg

ようやく『MOTHER1+2』の1を全クリ。途中放置していたので流れ全くわかんなくなったけどなんとか終了。最後のレベル上げがだるかったな。全体的に難易度高めかと思った。
『広告』読了。相変わらずキレキレだったな。ライアンの記事よかった。あと、黒田硫黄さん病気治ったのか。なんか大変な手術したとかマンガの巻末に書いてあった以来音沙汰がなかったから気になってた。記事も黒田さんの哲学が書いてあってよかった。
金曜朝から関内いく予定だったんだけどなぜか頭の中では石川町と思い込んで改札出た瞬間「あ、間違えた。。」と気づいてダッシュでホームに戻り関内に戻り、関内からダッシュで打ち合わせに行って間に合った。完全にぼけてたな。。あと、関内の道に迷う率高すぎ。
帰ってロゴ作ってたら友達から電話があり篠山紀信さんの写真展に行こうとのことだったので行くことに。一年以上会ってなかったから話もしたかったし、久々に美術館で作品見たい気持ちもあった。写真展の感想は全く色あせないとはこのことかという、今そこにある存在感が圧倒的だった。
ここ最近の近況とか話して面白かった。新宿久々に行ったなぁ。3年ぶりくらいかな。用事は渋谷で済ませるから特に行く必要がないんだよね。
土曜はロゴのラフ作って兄と中華食いにいってました。
日曜は寝溜めしてしまった。。写真取ってないので processing の画像です。。

漱石の孫

20121021.jpg

漱石関連がんがん読んでます。今回は孫の房之介さんの本です。孫といっても漱石には会ったことはないです。だからどのように話が展開していくかと気になるっていると予想外の話で面白かったです。
漱石の孫ということでかなりアイデンティティーを悩ましていたみたいです。小学〜高校、さらに社会人になっても漱石の孫というのは取り憑いたらしく苦悩した話がされています。しかし、自分をアナライズすることによって徐々に漱石の孫ということを受け入れ自分の武器として活用するようになったそうです。房之介さんは文筆やマンガなどの仕事をなっておりマンガ論から漱石の文学論を展開していくあたりは、孫故にという感じもあり孫だからこそ語られた話だと思いました。
これは切り口が意外でかなり面白かったです。ちなみに房之介さんはマンガ論のパイオニアだったのですね。

漱石の思い出

20121014.jpg

予の周囲のものことごとく皆狂人なり。それがため予もまた狂人のまねをせざるべからず。ゆえに周囲の狂人の全快をまって、予も佯狂をやめるもおそからず。さすが漱石先生狂ってイルね。この本は鏡子夫人が編集者に話をしてそれをエディットしたのをまとめたものになります。というわけで、完全に信じていいのかと言われるとどうかな?という感じもあります。なぜなら、思い出して記録してそこからさらに思い出して記録しているため信憑性が揺らぐ可能性があるかな〜と思いました。
でも、最後に息子さんが思い出を語っている部分があり、それは一致しているので確かな部分もあるんだなと思います。漱石の家族に対しての態度というのはこの本が一番詳しく書いてあるかと思います。結構ブちぎれていたのは間違いなさそうです。漱石を知る要素としてマストな本だと思います。

ここ一週間

20121007.jpg

ここ一週間の記録。『WIERD VOL.5』読了。漱石の奥さん『漱石の思い出』を amazon で購入。マーケットプレイスで「品質保証」って書いてあったのにぼろぼろの本が届く。ブックオフでも売ってないレベルでかなりなえる。金に余裕が出来たら買い直す。カバーかけてごまかしてる。
久々に PHP をいじくる。facebook の API をいじくりアプリを作る。しかし、API からプロフィール画像を取得して wall に投稿するときその画像を使おうと思ったらエラーが出る。。他の方法を試してもダメで同じくエラー。。仕方ないのでサーバーに画像を保存してそれで回避してみるか。
金曜リキッドルームにて shop33 のトークショウに行く。僕からしてみたら神様みたいな方々の話が聞けた上に見たこと無いグラフィックとか見れて大満足。しかし、金曜のあの時間帯は電車込み込みだな。行きも帰りも込み込みで疲れた。
家に帰ったらネットに繋がらなくなってたのを会社から帰ってきてた兄が復旧してくれてた。サンクス。
土日は PHP いじくりつつ川崎に買い物に出かける。ブックオフで『漱石の孫』と星野さんの『長い旅の途上』と『ヒメアノール』の二巻購入。
と今週はちょっとスタイルを変えて日記にしてみました。カメラもって外出るの楽しい。