processing

processing04.jpg

ネットに漂うかわいこちゃんの画像に自作のアイコンをピクセレートしてみました。

MOTHER

20120527.jpg

『MOTHER』は3からクリアして2で、今1をやっているのですがクリア出来ず延々と同じ事を繰り返してます。ドラゴン目が覚めない!テディも寝たまま!どうやってクリアするんだっけな。ドラゴンはファミコン版のとき倒した記憶がかすかにあるんだけど、全然思い出せないですね。。心折れそう。
別件ですが、近々Tシャツでまーす。改めてお知らせしますので少々お待ち下さい。
あと、最近ちょこちょこサイトに手を入れてます。タグつけてなるべく分かりやすくしようとして、マウスオーバーでタグを表示させるようにしてます。まぁ今までよりは良いかなと思います。マウスオーバーでalphaの値を変えるのはベタ過ぎたな〜と思って変えました。でもソースがダサイです。時間のあるときもう少しいじろうと思います。

WIRED

20120520.jpg

毎号楽しみにしている雑誌『WIRED』です。雑誌自体はめっきり買わなくなって兄から借りて読んでいるのですが『WIRED』はいいですね。主にWEBや科学といった分野が中心の内容ですが、読むと知らない知識がどんどん取り込んでいけるので面白いです。内容が濃いのがとても良いです。正直雑誌というと特集の記事もいまいちだったり、読み応えもいまいちというのが多い中頑張ってるなと感じます。
てか、メインビジュアルBig Activeですね。かっこいい!
WEB版の『WIRED』もなかなか記事が面白くておすすめです。

限りなく透明に近いブルー

20120513.jpg

衝動的に読みたくなりブックオフで購入しました。段ボールの中にたぶんあるのでしょうが探すのが大変なのでパスしました。しかし、買ったこの装丁は僕が大学時代に買った装丁ではなく映画記念版の装丁であったのです。もうけましたね。
村上龍さんの作品は大学時代にいくつか読んだのですがやはり記憶に残っているのは『限りなく透明に近いブルー』ですかね。リリーさんの大好きなサーチアンドデストロイを地でいくようなこの小説は当時読んだとき衝撃を受けました。しかし、二回目を読んでみてこんなにどろっとした文章だっけとか当時と違った印象が感じられて面白いです。
てか、これ映画に出来るのか。。すげー。