宇宙創成

20120325.jpg

サイモン・シンの第三弾『宇宙創成』です。これが面白いんだけど、文系の僕にはとてつもなく難しい内容です。コペルニクス、すごい!ハッブル、偉大!アインシュタイン、天才!ってくらいが分かるぐらいです。。他にも色々な宇宙の謎を解明する偉大な人物が出てきて、いかに凄いかという内容が比較的わかりやすく説明されています。前の2作品もそうなんですけど、とにかく興味をどんどん引き込んでいく作りは読者としては一気に持ってかれて飽きさせない作りはさすがだなと思いました。
この本ではビック・バンまでのことしか書かれていないのですが、そのビック・バンが定常宇宙説にとって変わるのはつい20年くらい前の出来事というのも、宇宙がいかに複雑で謎に満ちているかと言うのがよくわかります。
冬の寒い夜の下ランニングをしていて、ふと空を見上げるとオリオン座が綺麗に見えると嬉しくなりますね。宇宙は面白い!

アドルフに告ぐ

20120318.jpg

先週の『ブラックジャック』に続き『アドルフに告ぐ』である。実は正月ぷらぷら川崎の古本屋を巡っていると全巻セットで500円の『アドルフに告ぐ』を見つけていたのである。しかし、どうも買うタイミングを逃していたのだけれども『ブラックジャック』を読んで「やっぱ買わないとな」と思い買う事にした。
読んだ感想は一冊100円では重すぎる内容であった。物語の作りが丁寧でぐいぐい引き込まれていくがそれと同時に惨い描写もあったりしてどっと重くなる。とまあ単純な戦争の話ではなく、戦争に巻き込まれていく人間ドラマと言った方がいいのかな。頭に内容がこびりついて離れないです。

装丁.comつくったよ

so-tei.jpg

紆余曲折ありながらようやく「装丁.com」を完成させました。3月1日には公開していたのですがブログで告知しようか迷いましたが、まぁいいやということですることにします。
サイトの目的は本の装丁の画像を投稿して、その本のデータを入れていくと言う単純な仕組みです。色んな投稿があったら面白いなーくらいの感じです。
海外とかタンブラーとかで本の表紙だけアップしてる人とか似たようなサイトはあったんですけど誰でも投稿出来るって感じのサイトは見当たらなかったので、とりあえず作ってみる事にしました。
といっても、CMSをいじくるくらいの僕がデザインからPHP、データベース、TwitterのOAuthからTopsy APIをいじったりセキュリティーといったやることてんこもりだったのでかなーり時間がかかってしまいました。特にGDの画像処理には手こずりました。ベータ版ということで使い勝手が悪かったりしますが、追々修正していこうかとも思います。
なんとか完成したんで告知しないとな〜と思って半月も経過してました。(FBでは告知しました)
というわけで、本が好きな人、装丁が好きな人など色んな人に興味持っていただければ幸いです。

ブラックジャック

20120311.jpg

小学生のとき父親に誕生日にプレゼントされたのは文庫版の『ブラックジャック』だった。それがあまりに衝撃的で、お金が貯まるごとにこつこつと集めていった。学校の図書館に手塚先生の作品はいくつかあったけれど、当時一番影響を受けたのは『ブラックジャック』だった。(のちに『火の鳥』を読んで影響も受けた)
文庫版も集め終ったと思った時に単行本版もある事を知った。その時は文庫版でもっているからいいやと思ったけれど、装丁が違うし、もしかして収録されてない作品があるのでは?と思い出した。ちょうどいい事に兄が単行本版を持っていたので借りる事にした。
読んでみるとおそらく収録されていない作品がちらほら見つかった。やはりこっちも読んでおいてよかった。まだ5巻までしか読んでいないがこの先が楽しみだ。

本が読めてない!

20120304.jpg

このところ本が読めてないです。というわけで今のところ積んでる状態の本たちです。『宇宙創成』めちゃくちゃ面白んですけど、内容が難しくてなかなか進まないんですよね。あと、ここには映ってないですけど『RED』の最新刊と兄から借りた『ブラックジャック』の単行本も読まないと。『ブラックジャック』は文庫で全部集めたのですが、単行本と違いがあるのか気になって借りました。残りの本も読んでかないと。