ガイアの時代

20110529.jpg

『折り返し点』をようやく読み終わったので、途中まで読み進めていた『ガイアの時代』をやっとこ読み終えることが出来ました。ジェームズ・ラヴロックの前書では肝心の知りたかったデイジーワールドについて言及されていて非常に興味深い内容でありました。といってもあいかわらずいまいち理解できずじまいでしたがまぁそれはそれでいいかと思います。気になった時にでも読み返してみようと思います。
火星移住とか原発とか気になる話題が載っていたのもあり良書だと思いました。

レッド

20110522.jpg

ついつい出ているのを忘れていた『レッド』を購入しました。物語も徐々に佳境をむかえつつあるのかな〜と思わせる展開でぐいぐい引っ張り込まれていきます。個人的にはここら辺の時代はほとんどスルーしているので興味深いです。
山本直樹さんの作品はこれで知り、他の作品も気になって読んでみたんですけどエロの描写がとてつもなくうまいですね。細い線が非常に良く合うんですよね。それでいて下品な感じじゃないところが凄くいい。昔の作品ももっと読んでみよう。

スターログ

20110515.jpg

こんなにワクワクする雑誌ってあるのかな?昔川崎の古本屋で一冊100円くらいで40冊ぐらい買って読んだけど凄い面白いです。大友さんはいるし手塚先生はいるし筒井さんもいるしシドミードもいる。コンプリートするために未だに『まんだらけ』とかで探してます。(ここは安いです)鶴本さんのデザインも素晴らしいです。やりたい放題って感じで読んでて引き込まれます。また探しに行こうかな。

勉強中

20110508.jpg

ひさびさにiMacで勉強中。bootcampの環境ってのもいいもんですね。電源ぶっ壊れて修理してリビングに置いてたのを自分の部屋に持ってきました。しばらくこれで勉強します。

日記

20110501.jpg

先週パイセンから借りることになった本とDVDの日記を自分のサイトにも残しておこうと思い転載します。一部修正を加えてあります。

http://www.01-radio.com/vision/

宮崎駿

新たなスタートをきった新社会人のキミへ。

ひとたび映画制作がはじまると、
朝9時に出社して朝の5時まで黙々と仕事をする。
食事はアルミのお弁当箱にいれてきた白米といくつかのおかず。
それを半分づつ、昼と夜に食べる。

国民的アニメーション作家・宮崎駿はそんなストイックなワークスタイルを、
数十年もつづけている。
風の谷のナウシカ、隣のトトロ、崖の上のポニョなどの名作は、
そうした努力の上で生まれてきた。

宮崎駿は言う。
才能とは、情熱を持続させる能力のこと。
だと。

生まれながらにして、スゴイことを成し遂げる運命の人なんて
きっといない。
情熱を持続させられるかいなかが、明暗をわける。
そんなことを、いつも思いながら働いていってほしい。

初め読んだとき「ははは、j-waveの人間違えてるぞ。朝から朝になっている。朝から夕方の間違いだろう。しかし、弁当半分?昼、夜?」
そこでようやく僕は自分の間違いに気がついたのでした。朝から朝は間違えではないということに。
気になったので調べてみるとありました。

糸井さんと宮本さんの対談の後半部分に書いてありました。

http://www.1101.com/nintendo/nin24/nin24_4.htm

そんなクレイジーな作業量ならこんな作品も生まれるのだなぁと思いました。
まえはyoutubeにあったんですが削除されたのでこっちを貼っておきます。

CHAGE&ASKA 「On Your Mark」

http://www.dailymotion.com/video/xwdcq_on-your-mark_shortfilms

この作品はいろいろと物議をかもしてるもので少女は死んでいた、生きていた、想像の世界、なぜ繰り返されるのか、パラレルワールド的なものかなどなかなか興味深い作品です。
駿先生の解説もあります。

http://storage.kanshin.com/free/img_54/548791/k372678557.jpg

ぼくのなかでたまたまこの記事と前に見た映像がリンクしたので日記に書いてみました。
ぼくは自分の納得のいく形を作りたいと思います。