中核VS革マル

20110130.jpg

山本直樹氏の『レッド』を読んで以来ここら辺の歴史の周辺が知りたいな〜と思いつつなかなか手を出さずにいたのですが、立花隆先生がこんな本を書いているというので早速amazonの中古で買って読んでました。かなり読みやすく詳細に調べて書かれているのですが、いかんせん登場人物の多さと事件の前後関係がうまく把握できずにぼんやりと理解できたかなという印象でした。しかし内ゲバの激しさは僕の想像を遥かに超えていて、事件がたったの約40年前の出来事とはなかなかすんなりと受け入れられないな〜と思った。怖すぎです。

夏目漱石

20110123.jpg

ついに新潮社から出ている夏目漱石の小説をすべて読み終えた。漱石を読み始めたきっかけは昼飯を買った時のおつりの中に旧千円札が混ざっているという些細なことであった。しかし、じっくりと読んでみると漱石の小説はときに悲壮感にあふれていたりユーモアにあふれていたりと多彩な手法を用いて書かれていることに驚いた。写真は未完の小説『明暗』である。とてつもない緊張感が登場人物間で交わされる晩年の作品である。個人的には『三四郎』『それから』、『門』のいわゆる三部作はとてもしびれた。あと『私の個人主義』もおすすめです。

ペッパー

20110116.jpg

前々から行こうと思っていたお店に行ってきました。その名も『ペッパー』。川崎駅から歩いて帰る途中いつも見かけていつか行こうと思っていたのです。たまたま友達が家に来るということで昼飯をここでとることにしました。店内はこじんまりとして夫婦で営んでるみたいです。とても威勢のいいかけ声で迎えてくれます。オーダーした時もシェフが「イエッスサー!」と言ってくれます。テンション上がります。味はかなりうまいです。僕はナポリタンを頼んだんですけど抜群にうまかったです。他にもうまそうなメニューがズラッと並んでいたのでちょこちょこ行って食べてみたいと思います。

臨死体験

20110103.jpg

立花隆先生の『臨死体験』を読んだ。いや〜実に興味深い話だった。立花隆先生の本は難しいのではないかと思っていたのだけど、『宇宙からの帰還』を中川翔子さんがJ-WAVEで紹介していたので気になったので読んでみると意外と読める。立て続けにほかの本も読んでみたけど実に丁寧に文章が作られていて非常に分かりやすく、ぐいぐい世界にひっぱられていま立花隆先生ブーム到来中です。
『臨死体験』は読み始めはどうなの?って思わせるけど話が進めば進むほど科学的な方向からのアプローチが紹介され、現実体験説と脳内現象説に揺り動かされる流れはとても興味深く読むことが出来た。